Burton(バートン)の101-スノボー用語集をチェック!

Burton(バートン)情報トップ > スノボー用語集

スノボー用語集

Vサーモとは?

Vサーモとは、

ワックスをより多く・深く強制的に、しかも早く浸透させる画期的な次世代ワキシングシステム。

新しいボードやチューニングで滑走面を研磨したボードはワックスが全く浸透していません。

通常、いいソールに仕上げるために、ホットワックスを十数回繰り返していましたが、

アイスバーンで滑走を繰り返すと、どうしてもソールが毛羽立ってしまっていました。

Vサーモは、ホットワックスでは実現できないレベルまで浸透させます。


[戻る]


クロスフローベントとは?

クロスフローベント™とは


フロントベントから新鮮な空気を取り入れ、サイドベントとピットベントからこもった熱気を放出します。


[戻る]


ALSライナーとは?

ALSライナーとは

Active Lining System (ALS™:アクティブ・ライニング・システム)は、体の各部位それぞれに適した
透湿性、保温性、快適性を提供します。

コア部分に使用する軽いクローズドセルメッシュが透湿性を助けると共に、
サイド部分の温かいマイクロフリースが風や寒さからさらに身を守ります。

熱のこもりやすい脇の下には、最大限の透湿性を確保するためにオープンセルメッシュを使用しています。

[戻る]


THERMACOREインサレーションとは?

THERMACOREインサレーションとは

合成素材の Thermacore™は、体熱を利用して温かさを保ちます。

少ない体積で十分なインサレーションが欲しいライダーにオススメです。


インサレーションとは、絶縁、断熱、遮音、絶縁体、断熱材、などの意味。
(インシュレーション)

[戻る]


テープドシーム加工とは?

テープドシーム加工とは

風雪を完全に防ぐため、ジャケットの全てのシームをテープで防いでいる、バートンのこだわり加工。


全ての縫い目に施したテープドシーム加工。

風雪が入ってこないように、重要なエリアのシームをテープで防いでいます。

[戻る]


テーパードシェイプとは?

テーパードシェイプ とは

te_img07.gif

サイドカットをテール幅が狭くなるようにオフセットしたテーパードシェイプ。

ライディング時においては、迎え角を作りやすい、テールを振り出しやすい、などの利点があります。

また、ノーズ幅を広く取って、大きな浮力を得ることも可能。


GRAY SNOWBOARDSより引用

[戻る]


シンタードベースとは?

シンタードベース とは

ソールの製法のことを言う。

このシンタードベースのソールは上級者用や最上級モデルに使用されていて、
昔からアルペンスキーレーサー達の使用モデルに採用され高い評価をされていた
高性能ソールです。


メリットは、ソールにキズがつきにくく、ワックスの吸収性が高いためソールが良く滑ること。

でも、しっかりとメンテをしないと、通常の製法のものより能力が落ちてしまうので注意!

[戻る]


ジブ とは?

ジブ とは

スケートのスタイルをそのままスノーボードで行うこと。
レール・ボックスなど人工物を使ったトリックやグランドトリックを指す。


[戻る]


ディレクショナルとは?

ディレクショナルとは、

ノーズとテールの形の違いがはっきりしたシェイプ、前後非対称のボードを指します。

ビンディングを取り付けるビンディングホールが、ボードのセンターではなく、
始めから「テール寄り」に設定されているボードのことを言います。

テール側にズレている幅をセットバック~~cmと言います。

ハイスピードでのカービング性能など、通常の進行方向における滑走安定性が重視される

フリーライド系ボードで、ディレクショナルボードが多く利用されています。


[戻る]


Vサーモとは?

Vサーモとは、

ワックスをより多く・深く強制的に、しかも早く浸透させる画期的な次世代ワキシングシステム。

新しいボードやチューニングで滑走面を研磨したボードはワックスが全く浸透していません。

通常、いいソールに仕上げるために、ホットワックスを十数回繰り返していましたが、

アイスバーンで滑走を繰り返すと、どうしてもソールが毛羽立ってしまっていました。

Vサーモは、ホットワックスでは実現できないレベルまで浸透させます。


[戻る]


ブログパーツ